半袖の体操衣装を着て、シチューの入った皿を眺めている。我々がこういう肌寒くなってきた旬に長袖のセーラー服でもジャージでも無く、半袖の体操衣装を着ている道理を作った人柄たちは、二度と我々に注目を落とし談話をやる。

「え! まじ!?」

 毛髪にリボンを垂らしたレディースの人柄が、スマイル混じりの大きい声で叫んです。

 それでも我々は女房のユーザーを探ることもなく、シチューに目を落としている。

 ときにはやられるように、シチューに何か異物を入れられたわけでもないのに、今日はどうにも至ってシチューが変に見えて仕方がない。

 家に帰ると絶えず、インターネットで銃のフォトを眺めている。殊にショットガンが良いとおもう。銃弾はひとつでは足りない。

「足りないんだ」

 ちっちゃな一人口を漏らしてしまった。シチューの皿から人気を引きあげる。人柄を見渡した。
 脳漿が飛び散る光景が浮かんです。なんて綺麗なんだろう。リボンを押し付けたあの胸も、リボンも、全員ぐちゃぐちゃです。

 再びシチューを見たこと、それが確かにリボンを押し付けたあのレディースの人間の脳みそであるという確信にほど近い心持ちが湧いてきて「これは食べられない。気持ち悪い」と思ったら怖くなってついつい跳ね上がるように席順を立ってしまった。

 わたしのその行為によって、人柄らがこちらを見た。

「気持ち悪い。見極めるな! 脳漿を垂らしながらここを見極めるんじゃない!!」失敗しない包茎手術はABCクリニックがおすすめ